So-net無料ブログ作成
検索選択

知育玩具「リブロック」プロモーションで動画 AR 技術を採用

写真拡大体験写真 幼児知育玩具を販売するブックローンは2010年3月12日、動画オーギュメントリアリティ(AR:augmented reality)技術を活用した日本初の店舗販売促進を、3月28日から喜久屋書店大和郡山店で開始する、と発表した。 従来 AR で使用される「読み込み用のマーカー」を使わず、パッケージ本体を読み込ませる。 販促什器には大型モニターと Web カメラが設置され、体験者が什器の前に立つと、大型モニターにユーザー自身が投影される仕組み。 ブロック玩具の「リブロック」パッケージをカメラにかざすと、モニターに写る箱の上に、製品のブロックパーツが CG アニメーションで浮上してくる。 ブロックパーツは効果音とともに自動的に組み上がり、自動車、飛行機などの完成形が再現され、箱の投影角度を変化させると、画面上の製品表現も変化する。 1回の体験時間は30秒程度で、体験できるコンテンツ数は5本を予定している。■関連記事凸版印刷、サンリオに AR 技術を活用した体験型プロモーションコンテンツを提供東急電鉄、「電脳コイル」「ドラえもん」とコラボした AR(拡張現実感)活用プロモーション実験を開始エプソン、AR(拡張現実)を利用した無料の年賀状作成サービス「3D年賀状」を開始レイ・フロンティア、iPhone 3GS 向け AR アプリ「LiveScopar」を提供開始楽天トラベル、宿泊施設情報を iPhone アプリ「セカイカメラ」で提供開始

米次官補来日中止、関知せずと鳩山首相=平野官房長官、普天間への影響否定

 鳩山由紀夫首相は16日午前、アジア歴訪中のキャンベル米国務次官補(東アジア太平洋担当)が17日に予定していた来日を中止したことに関し、首相公邸前で記者団に「私どもの(関知する)範疇(はんちゅう)ではない」と語った。 来日中止は、米軍普天間飛行場の移設問題で日本政府の検討作業が混迷しているためとの見方が出ているが、首相としては冷静に受け止める考えを強調したとみられる。 平野博文官房長官は16日午前の記者会見で、来日中止の理由を「日本に来る前の国(タイ)との日程調整がつかなかったからではないか」と指摘。移設先を決める今後の日米協議への影響に関しては「全くない」と否定した。 

拉致支援法案、衆院委で可決

 衆院拉致問題特別委員会は16日午後、北朝鮮による拉致被害者への給付金の支給期間を5年間延長する拉致被害者支援法改正案を全会一致で可決した。週内にも衆院を通過する見通し。 日本永住を決めた拉致被害者は同法に基づき、2005年4月から給付金の支給を受けているが、今年3月に支給が打ち切られるため、被害者らが延長を求めていた。 

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。